菊芋キクイモレシピ料理調理法

ダイエット・糖尿病なら! 1食400kcalバランス栄養美食セット!

ダイエット食
≫≫ 糖尿病食でおいしく減量! 1食400kcalバランス栄養食はこちら ≪≪

菊芋(キクイモ・菊イモ)の効果・効能・体験談

菊芋は20世紀初頭にエドガー・ケイシーが「菊芋(キクイモ・菊イモ)は天然のインスリンだ!」と言ったことからもわかるように「菊芋に血糖値を下げる性質」があることがわかっています。


菊芋乾燥パウダーの成分を調べると50%以上が「イヌリン」となっています。このイヌリンは果糖を30個ほどつながった多糖類の一種で、果糖は血糖値をほとんどあげません。イヌリンは腸内ではビフィズス菌などの善玉菌の餌となり、善玉菌が増え、悪玉菌が減る効果があります。


つまりキクイモを食べると腸がきれいになり、消化吸収がよくなり、血液がきれいになり、全身の細胞が元気になるといわれています。またイヌリンは脂肪を包み込んで脂肪の吸収を妨げる効果があるのでダイエットにも最適な食物といえるでしょう。


キクイモのカロリーも低く、「サツマイモ 132Kcal(100g)」「ごぼう 65Kcal(100g)」「たまねぎ 37kcal(100g)」に対し、「菊芋(キクイモ) 35kcal(100g)」です。菊イモは糖質や脂肪の吸収を抑制する性質があるので、菊芋をたべはじめたら肥満が解消した、ダイエット効果があったという体験談もよく聞きます。


実際に菊芋(キクイモ)を食べ初めた人の体験を聞いてみると、「糖尿病やその合併症が改善された」「便通がよくなった」「肥満が改善された」「肌がきれいになった(しみ、そばかすが減った)」「関節痛が改善された」「血圧が下がった」「コレステロール値が下がった」「尿の排泄がよくなった」「勃起力が回復した」などがあります。


もちろん菊芋(キクイモ)を食べても効果がでる人、でない人など個人差はあるようですが、食事前に10分ぐらい菊芋をスライスして乾燥させた「菊芋チップス」を食べたり、味噌汁のなかにいれたり習慣化することで、血糖値が下がった、元気になったという体験が多いですね。菊芋(キクイモ)レシピや調理法を参考にして家庭で試してみてはいかがでしょう。

食 宅配